プログラミングの失敗が次の成功につながる

プログラミングって、おもしろい!!

失敗からの成功体験

失敗からの成功体験

成功者も初めは失敗から始まった

人は誰でも最初から成功することはなく、失敗を積み重ねながら徐々に成功するようになっていきます。どんなに小さな成功体験でも、それが何回も続くようになれば自信が付き、自分はできるのだと思えるようになるのです。今では成功したと言われる有名人であっても、最初の頃は失敗を何度も繰り返していました。例えば、自動車メーカー・ホンダの創業者である本田宗一郎は、トヨタ自動車から内定をもらうことができずに長い時間ニート生活をしていた時期がありました。ですが、隣人の励ましなどもあって、ビジネスを始めることになります。ウォルト・ディズニーも、新聞社をクビになった後で、何度も起業しては破産するという流れを繰り返した結果、最終的に成功の秘訣を見つけるに至りました。このように、どんなに有名で成功したと言われる人たちであっても、最初の頃は失敗ばかりを繰り返していたのです。ただ、そこで諦めることなく、努力や挑戦を続けたことで成功を手にすることになったため、一度やってみて駄目だったからといって諦めてはいけません。

まずは失敗を恐れずにやってみる

失敗を繰り返して最後には成功するというのは、プログラマーにも当てはまるプロセスです。ただプログラミングができるだけであれば、プログラマーとして一生やっていけると思うことはないでしょう。確実にやっていけるという自信を持つためには、何度も困難にチャレンジして、失敗を積み重ねながら成功するようになることが必要です。例えば、かなり難しいと思っていたプログラムを自分の手でなんとか完成させることが出来たとしたら、それは大きな自信に繋がります。これは、仕事である必要はなく、趣味の範囲でチャレンジした結果成功を収めたというのでも良いのです。とにかく、「自分はこんなに難しいことに挑戦して、失敗しながらやっと完成させることができた」という事実が大切なのです。その他にも、人から教わるのではなく自分の力で新しいプログラミング言語や技術を習得できたときにも、成功体験ができて自信を持つことができます。ここから分かるように、成功体験はどんな内容でもよく、とにかく挫折しながら成功という結果を得ることができた事実が、自分の自信に繋がるということなのです。

長くプログラマーとして働くには

プログラマーとして長く仕事を続けていきたい人は、まずはプログラマーの仕事内容を好きになることが大切です。仕事内容を好きになるためには、何度も失敗を続けながら成功体験を積み重ねて自信を付けることが必要になります。そして、自信が積み重なれば「自分はやっていける」という確信に変えることができます。つまり、失敗を重ねながら成功するための秘訣を学び、それによって成功を少しずつ収めていくことで、長く自分の持つスキルを活かしながら働けるようになるということなのです。

プログラミングが面白くなる記事