フリーランスになったらネットを活用してプログラミングの仕事を探す

プログラミングって、おもしろい!!

ネット時代だからできる営業法

ネット時代だからできる営業法

年収・収入の高さに魅力が感じられる

プログラマーが独立してフリーランスになる最大の目的としては、年収と報酬の高さを挙げることができます。フリーランスは、その案件やプログラマーの能力、経験などによって報酬に差が出てきます。月額で40~80万円程の報酬を手に入れられるという相場が出ており、年間の収入平均は800万円程だと言われています。これらの数値は平均値ですから、当然にそれ以上に稼ぐ人もいれば少ない収入で生活している人もいるのです。もし100万円を毎月稼ぐことができれば、年間で1200万円の収入を得ることができますが、サラリーマンのエンジニアで年に1100万円の収入を超えることは難しいと考えられます。そのため、稼ぐことができるのであれば、独立した方が確実に良い収入を得ることができるということです。

成功のコツを知って仕事を手に入れる

しかし、このような大きな魅力を持っているフリーランスですが、必ずしも成功できるとは限りません。自分の売込みが下手な人や、仕事を上手くとってくるコツが分からない人であれば、初めから仕事で成功することはできないのです。ただし、どうやって仕事を得るかという具体的な方法が分かれば、誰でもフリーランスとして働くことができます。まずは仕事を探さなければならないということで、自分に合ったやり方が見つかるまでは、仕事の案件を紹介してくれるサイトを利用することをオススメします。これは、ネットが普及している今の時代だからこそできる方法なので、これを使わないというのは非常に勿体ないことです。次から、3つのサイトを紹介していきます。

関西案件情報.net

「関西案件情報.net」は、大阪を中心とする関西エリアの案件情報を、自分のスキルやライフスタイルに合わせて見付けることができるサイトです。最新の案件情報を、仕事の期間と場所などが明確になった一覧の状態で見ることができるようになっています。そのため、わざわざ何度も検索して探す必要がありません。

関西案件情報.net
すぐに気になった案件を見ることができるサービスが提供されています。
別ウィンドウでチェック

Java案件求人ナビ

「Java案件求人ナビ」は、Java案件専門の求人サイトです。ポジションや業種、仕事のエリアなどから詳しく案件を検索することができ、給与の支払いが早いなどのメリットもあります。

Java案件求人ナビ
Javaに関する求人や案件を探しているというプログラマには非常にオススメできるサイトです。
別ウィンドウで見る

レバテックフリーランス

「レバテックフリーランス」は、業界でもトップの案件情報量となっており、プロのコーディネーターのサポートの元で自分に合った案件を見つけ出すことができるようになっています。

レバテックフリーランス
参画前の事前対策なども教えてもらえるため、確実に仕事を手に入れられるような体制が整っているところが魅力です。
別ウィンドウで表示

プログラミングが面白くなる記事