プログラミングの魅力を堪能!フリーランスという生き方

プログラミングって、おもしろい!!

フリーランスプログラマが感じる魅力

フリーランスプログラマが感じる魅力プログラミングを一生の仕事にしていこうと考えるならば、会社勤めもいいですが、フリーランスとなって独立するのも一つの方法です。自分で事業を起こすのは不安もリスクもありますが、会社員では得られない報酬や充実感を手にすることができるでしょう。特に年齢を重ねた人は、このまま会社に勤めていてもリストラにあう危険性や、若い技術者との競争に不安を抱くことも多いのではないでしょうか。フリーランスのプログラマーになることで感じるであろう魅力について、ご紹介します。

深く狭くor浅く広く

深く狭くor浅く広く

プログラマーは、仕事をしていく上で技術を深く狭く極めていくか、浅く広く習得していくかを選択することができます。どちらが良いということではありませんが、長く楽しく仕事を続けていく上で、自分はどちらが向いているのかを知ることは大切です。深く狭く極めていく場合には、その技術のプロフェッショナルになることができるというメリットがあります。一方で、浅く広く習得する場合には、一つの技術に対する能力は極められませんが、幅広くカバーすることができるようになります。そのため、つぶしが効く方を選ぶのであれば、浅く広く習得する方ということになるのです。

年齢は関係ない

年齢は関係ない

プログラマとして活躍するには、どこかの企業に就職して働くという方法もありますが、腕に自信がある人であれば独立してフリーランスとして働くことができます。フリーランスには年齢の制限がありませんし、労働時間の制限もありません。そのため、仕事ができるのであれば定年後も仕事を続けることができますし、残業やブラック企業におびえる心配もないのです。しかし、腕に自信がなければいきなりフリーランスとしてやっていくことは難しく、その場合には会社で働きながら人脈を作って独立する流れがオススメです。若くして独立するのであれば、実績を積み上げられる期間が長くなるというメリットがあります。

ネット時代だからできる営業法

ネット時代だからできる営業法

プログラマは、会社でサラリーマンとして働くよりもフリーランスとして独立した方が、より高い年収・報酬を手に入れられる可能性があります。しかし、その魅力に取りつかれてフリーランスになったとしても、それだけですぐに仕事が手に入るとは限りません。仕事が上手くいかない理由は、フリーランスとして仕事をするコツを掴めていないからです。自分で仕事を取るために営業する場合には、今の時代に合っているネットを使ってする方法がオススメです。プログラマのための案件を多数取り扱っているサイトの中から、特にオススメできるサイトを紹介するので、やり方が見つかるまではそれで仕事を探すと良さそうです。

プログラミングが面白くなる記事